〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-32 白石ビル2F

03-5577-3694

営業時間

9:30〜17:30

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

永住資格審査にポイント制導入へ

​"Score-System" Adopted in Permanent Resident Qualification

法務省は、4月より永住資格審査に”ポイント制”を導入する。学歴や職務経験年数、収入などの項目ごとにポイントを加算し70点以上になると”高度人材”と認定される。
”高度人材”と認定され収入が基準以上であれば、原則として多くの場合は10年以上継続して在留することが必要であるが、日本に継続5年以上在留していれば永住資格が得られるようになる。

このほかにも、高度人材には、次の利点のあることが報道されている。

  1. 配偶者が「家族滞在」の資格で資格外活動として働く場合の制限時間の緩和。
  2. 3歳未満の子がある場合、配偶者の親の滞在許可が出る。
  3. 家事使用人の滞在許可が出ることなど。

 The Ministry of Justice of Japan has decided to adopt "Score-System"(point accumulating system) in Permanent Resident qualification in April.
 In this system, if the non-Japanese person obtains 70 points or more, he/she is qualified as "Highly-graded Person". These points are accumulated item by item such as his/her educational background, professional experiences in years, income, etc.
 If approved as a "Highly-graded Person" with above a certain level income, he/she becomes capable of obtaining Permanent Residential Status with at least 5 years continuous stay in Japan, although, in princple, to obtain the status requires continuous stay of not less than 10 years in most cases.
 Besides this, it was reported that following advantages will be given:

  1. Limit on the working hours when his/her spouse works with Dependant status will be eased.
  2. The parents of his/her spouse will be able to stay in Japan, if he/she has a child(ren) of less than three years old.
  3.  He/she will be able to hire a household helper, as the helper's appropriate status is given, etc.(2012/01/09)

外国人 永住資格
Permanent Residential Status

外国人 永住資格

Permanent Resident/Permission for Permanent Residence

永住許可は,在留資格を有する外国人が永住者への在留資格の変更を希望し、法務大臣が適切と考える場合に与えられる許可ですので、在留資格変更許可の一種と言えます。

Permission for permanent residence is granted only when a foreign national with a residential status wishes to change it to permanent resident and the Minister of Justice of Japan considers that his/her conditions of staying is suitable for the status. So this is one of applications for change of residential statuses.

在留資格「永住者」は,在留活動,在留期間のいずれも制限されないという点で,他の在留資格と比べて大幅に在留管理が緩和されますので、日本に長期に渡って滞在する外国人は、永住資格を取りたい希望を持つ人がかなり見受けられます。

Obtaining permission for permanent residence, the foreign national has no restriction in selecting jobs and in the period of stay.

しかしながら、永住許可を取ったといっても、帰化と異なり、外国人登録や再入国許可の手続は以前と同様に必要で、退去強制事由に該当すれば、退去強制の処分も受ける可能性は残っています。

However, it is necessary to obtain re-entry permission for re-entry after leaving Japan temporarily, even after the foreign nationals has obtained the permission for a permanent resident.

永住許可は一般の在留資格の変更許可手続とは独立した規定が特に設けられています。

 An independent clause is provided for permanent residency, apart from change of general residential statuses. 

具体的には「出入国管理及び難民認定法」(入管法)第22条などに規定されているほか、一般原則などがあり、次のような流れで表すことができます。

The requirements for the permission are stipulated in Article 22 of the Immigration Cotrol Act. However, there are detailed criteria, such as "General Principle" and others, which are shown in the following:

永住許可の流れ
Criteria for Permanent Residence Permission

日本人、永住許可を受けている者又は
特別永住者の配偶者又は子であるか。

A Spouse or a child of Japanese, permanent resident(s) or specific permanent resident(s) ?

  • step1でNOの場合
  • If "No" in Item step1.

(i) 素行が善良であること。
(ii) 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。
(i) Being a good citizen (e.g. paying taxes, no record on criminal cases, etc.).
(ii) Having acquired skills or assets to make a living independently.

  • step1でYESの場合
  • If "Yes" in Item step1.

上記(i)、(ii)に適合することを要しない。
Not necessary to fulfill the conditions of (i) and (ii) above.

法務大臣が、その者の永住が日本国の利益に合すると認めたときに限り、これを許可することができるとされています。
(法務大臣の裁量で決定されます。)

Only when the Minister of Justice approves that the permanent residence of the applicant will be able to meet the benefit of Japan, the application for permanent residence will be approved (at the discretion of the Minister of Justice).

  • It is understood that there is a general principle and others in the discretion.
  • 具体的には、次のいずれかとされています。
  • The following requirements are considered to be fulfilled:

(iii) 10年以上継続して在留している者(一般原則)
(iii) Having lived in Japan for more than 10 years continuously.

(iv) 日本人、永住者又は特別永住者の配偶者又は実子若しくは特別養子の場合:
(iv) For a Spouse or a child (including specific adopted childs) of Japanese, 
permanent resident(s) or specific permanent resident(s):

◎配偶者 → 婚姻後3年以上在留(海外において婚姻・同居歴がある場合は、婚姻後3年経過し、かつ日本に1年以上在留
◎Spouse → Having lived in Japan for three years or more continuously after the marriage. If the marriage was taken place abroad and the married couple 

has some period of living together, at least three years have elapsed and the couple has lived in Japan for one year or more continuously.

◎実子又は特別養子の場合 → 引き続き1年以上在留
◎Child → Having lived in Japan for one year or more continuously.

(v) 難民の認定を受けている者 → 引続き5年以上在留
(v) For the people approved by Japan Government as "refugee", having lived 
in Japan for five years or more continuously is required.

(vi) インドシナ定住難民 → 引続き5年以上在留
(vi) For "long-term-resident refugees from Indo-China", having lived in Japan for five years or more continuously is required.

(vii) 定住者の在留資格を有する者 → 定住許可後、引続き5年以上在留
(vii) For the people with a status of "long-term resident", having lived in Japan for five years or more continuously after the permission of "long-term 
resident".

(viii) 外交、社会、教育、文化等の分野における日本への貢献があると認められる者 → 引き続き5年以上在留
(viii) For the people who can be considered that he/she has made contributions on diplomacy, social activities, education, culture, etc. to Japan, having lived in Japan for 5 years or more continuously.

(ix) 現在の在留資格について、入管法施行規則別表第二に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。(例:人文知識・国際業務 3年)
(ix) Staying with a residential status of the longest period stipulated in the Immigration Control Act Enforcement Regulations (e.g. 3 years for Specialist in Humanities/International Services).

(x) 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。
(x) In no harmful conditions in health, seeing from public health.

在留状況の総合的判断

Total Judgement on the conditions of staying by the Minister of Justice

許可

Permission

永住許可は,在留資格を有する外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に法務大臣が与える許可ですので、在留資格変更許可の一種と言えます。

在留資格「永住者」は,在留活動,在留期間のいずれも制限されないという点で,他の在留資格と比べて大幅に在留管理が緩和されますので、日本に長期に渡って滞在する外国人は、永住資格を取りたい希望を持つ人がかなり見受けられます。

しかしながら、永住許可を取ったといっても、帰化と異なり、外国人登録や再入国許可の手続は以前と同様に必要で、退去強制事由に該当すれば、退去強制の処分も受ける可能性は残っています。

永住許可は一般の在留資格の変更許可手続とは独立した規定が特に設けられています。

具体的には「出入国管理及び難民認定法」(入管法)第22条などに規定されているほか、一般原則などがあり、次のような流れで表すことができます。

永住許可のフローチャート

日本人、永住許可を受けている者又は
特別永住者の配偶者又は子であるか。 

  • step1がNOの場合
    ア 素行が善良であること。
    イ 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。 
  • step1がYESの場合
    上記ア、イに適合することを要しない。

法務大臣が、その者の永住が日本国の利益に合すると認めたときに限り、
これを許可することができるとされています。
(法務大臣の裁量で決定されます。)

●具体的には、次のいずれかとされています。
ア 10年以上継続して在留している者(一般原則)

イ 日本人、永住者又は特別永住者の配偶者又は実子若しくは特別養子の場合:

◎配偶者 → 婚姻後3年以上在留(海外において婚姻・同居歴がある場合は、婚姻後3年経過し、かつ日本に1年以上在留

◎実子又は特別養子の場合 → 引き続き1年以上在留

ウ 難民の認定を受けている者 → 引続き5年以上在留

エ インドシナ定住難民 → 引続き5年以上在留

オ 定住者の在留資格を有する者 → 定住許可後、引続き5年以上在留

カ 外交、社会、教育、文化等の分野における日本への貢献があると認められる者 → 引き続き5年以上在留

キ 現在の在留資格について、入管法施行規則別表第二に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。

(例:投資・経営3年)

ク 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

在留状況の総合的判断 

許可

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

03-5577-3694

代表プロフィール

河田 一省
(Kazumi Kawada)
資格
  • 特定社会保険労務士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士
  • 第一種衛生管理者

事務所案内

河田経営労務管理事務所

住所

〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-32 白石ビル2F

営業時間:9:30〜17:30

電話でのお問合せはこちら

03-5577-3694

03-5577-3694

info@kawada-office.com